2016年09月18日

良いことはマネをしろ!

ヨーロッパのお店は、非常にお洒落です。

入口・看板・陳列・パッケージ・包装紙……。

どれを見ても、そのセンスの良さに脱帽します。

高級なお店だけではなく、庶民的なお店でも、
すべてがお洒落なのです。

日本人は勝てません。

もっと学ぶべきです。
お店の視察に行くべきです。

良いところはマネすれば良いのです。

すべては、マネから始まります。

posted by 佐藤きよあき at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

名前が変われば、イメージ刷新!

牛丼チェーンの松屋が、
『ふわふわ卵の「プレミアム牛とじ丼」』
を発売しました。

特製のたれで煮た牛肉を玉子でとじたものです。

???……よく考えれば、これは「他人丼」です。
名前を変えただけです。

しかし、まったく新しい料理のように感じます。

新商品が「他人丼」では、インパクトもなく、
誰も興味を持ちませんが、新しい名前で売り出せば、
注目されるようになります。

もし、「なんだ、他人丼じゃないか!」と思っても、
「どこかが違うのだろうか?」と、
確認したくなるものです。

小さな戦術ですが、大きな効果をもたらします。

posted by 佐藤きよあき at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

“気のゆるみ”が、老舗をも破綻させる!

石川県の老舗高級旅館「加賀屋」で、
食中毒が発生しました。

刺身の洗い方が不十分だった可能性があり、
腸炎ビブリオが検出されました。

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で、
36年連続で総合1位を続けている旅館です。

はたして、これは“たまたま”だったのでしょうか。

私は、従業員の意識の低下ではないかと見ています。

長年人気を博してきた老舗の“気のゆるみ”です。

人気旅館だけに、次々と新しい従業員も増え、
創業時の精神が
受け継がれにくくなってきたのではないでしょうか。

今回の件で、
気を引き締めることができれば良いのですが、
時代に流される可能性も高いと言えるでしょう。

このダメージは、
今後大きくなっていくのではないでしょうか。

posted by 佐藤きよあき at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

ズボラな現代人は、有望な見込み客!?

そうめんの生産量が激減しているようです。

その理由は、暑い時に火を使うのがイヤだから。
で、売れなくなったのです。

夏に、スーパーで揚げ物が売れるのと同じことですね。

わからなくもないのですが、
人はどこまでズボラになるのでしょうか。

しかし、ビジネスとしては大きなチャンスです。

ズボラな人間が、
何を望むのかを考えれば良いのですから。

posted by 佐藤きよあき at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

容器を変えれば、価格は数倍に!

豆腐を作る過程で、型の代わりに竹筒を使って固めた、
「青竹よせ豆腐」という商品があります。

青竹を使っているので、
豆腐が固まる間に青竹の香りがついて、
風情のある商品となっています。

容器の青竹のまま販売しているので、
見ための小粋さもあって、お土産用として大人気です。

原価数十円の豆腐でも、容器を工夫するだけで、
数百円で売ることができるのです。

posted by 佐藤きよあき at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

“わんこ”スタイルは、食べ過ぎる!

仙台市にあるハマグリ料理のお店には、
「わんこハマグリ」というメニューがあります。

焼きハマグリを昆布と鰹の出汁で食べるというものです。

わんこそばと同じく、「ストップ」と言わない限り、
ずっとハマグリが出てきます。

定額の食べ放題ではなく、1皿3個ずつの料金ですが
人気となっています。

わんこそばもそうですが、こうした方法で提供されると、
お客さまは調子に乗ってというのか、意地になって、
食べ続けてしまいます。

つまり、客単価が上がっていくということです。

少量の料理を“わんこ”スタイルで提供すれば、
お客さまも楽しいし、お店も儲かりますね。

posted by 佐藤きよあき at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

えっ、海外に興味がない?

「やるならどっち?」というアンケートがありました。

「日本一周」と「世界一周」を選択します。

私は、迷わず「世界一周」なのですが、
アンケートの結果に驚きました。

「日本一周65%」「世界一周35%」。

海外に興味がない若者が増えている
とは聞いていましたが、
まさかここまで差があるとは。

日本も魅力的ではありますが、
もっと知らない世界に興味を抱いても
良いのではないでしょうか。

視野を広げなければ、ビジネスでも成功はありません。

posted by 佐藤きよあき at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

“食べること”が、もっとも興味を引く。

テレビドラマ「孤独のグルメ」が、
この夏帰ってきました。

“夜食テロ”とまで言われた、旨そうな映像は、
多くの人びとを惹きつけました。

中年おやじの食事風景が流れ、
心の声が聞こえてくるだけのドラマです。

シーズン5まで制作され、スペシャル版も数本。

ドラマに登場したお店には、
観た人による「聖地巡礼」の行列ができるほど。

どうして、そこまでウケてしまったのでしょうか。

私も観ていましたが、人にとって「食」というものが、
どれほどの欲求を掻き立てるものであるかを
思い知らされました。

「食」の追求は、人類の永遠のテーマなのです。

posted by 佐藤きよあき at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

世の中は、「ダジャレ」に興味津々!

鳥取の栽培漁業センターとJR西日本が協同で、
「養殖サバ」の販売を始めています。

相当新鮮でなければ食べられない“生食”が、
遠隔地でもできると言います。

その名も『お嬢サバ』。
ダジャレです。

しかし、ちゃんとした理由のあるダジャレなのです。

完全養殖なので、
天然サバに多い寄生虫がつきにくくなっています。

この特徴を取って、
虫がつきにくい“箱入り娘”=『お嬢サバ』
となったのです。

インパクトもあり、消費者に強くアピールできます。

なるほど!

posted by 佐藤きよあき at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

懐かしいものは、注目度が高い!

中高年以上には懐かしい「パインアメ」。

最近、いろんなところで見かけるようになりました。

たとえば、「パインカステラ」。

サブタイトルには、「パインアメの味をカステラに」。

食べてみましたが、ふわふわしっとりとしていて、
パインアメの味と香りが生きていました。

ただの話題づくりではなく、
しっかりと美味しいカステラです。

他にも、
「パインアメソフトクリーム」「パインバーム」
「噛むブレスケア・パインアメ味」
などが出ているようです。

古いものは、年配の人には懐かしく、
若い人には新しいので、注目度はかなり高くなります。

古き良きものを探せば、
新しいビジネスチャンスとなります。

posted by 佐藤きよあき at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする