2016年12月05日

人を呼ぶ魅力はさまざま。

道の駅に併設された
「農家レストラン」に行ってきました。

変わった食材も目新しい料理もありません。
品数も少ない方です。

しかし、そのどれもが美味しく、
“丁寧な仕事”が感じられます。

少しずつながら、次々と出来立てを運んできてくれます。

見ためは非常に地味ですが、
その美味しさに華やかさを感じます。

ここで私は確信しました。

何もなくても、人を呼ぶことはできる。

posted by 佐藤きよあき at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

言葉遣いは慎重に。

ネットやテレビでよく見かける言葉。

「美人すぎる○○」。

つられて見てみると、
期待を裏切られることの方が多いものです。

私のようなバカな男を釣るためのフレーズなのですが、
これを続けていると、誰も信用しなくなります。

いま、日本全体が“大袈裟な表現”で、
モノごとを伝えようとします。

「神」「超絶」「鬼」……。

非常に頭の悪い表現です。

ビジネスでは、決して使ってはならない表現です。

“盛り上げるため”という安易な発想は、
自分の首を絞めることになりますから、
絶対にしないでください。

posted by 佐藤きよあき at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

「健康」をファッション化する!

国民の医療費増大が問題になっています。

長寿社会や医療技術の向上などによって、
病院に通い続ける人が増えたことも
その要因として考えられます。

だとすれば、医療費の増大は、
ある意味仕方のないことです。

しかし、政府はその予算を
無理やり削減しようとしています。

「あまり病院に行くな!」「もっと受診料を払え!」

安易な方向に進んでいます。
考えることを放棄しています。

テレビや雑誌では、
健康になるための方法を啓蒙していますが、
もっと国として取り組むべき課題だと思います。

国民全員が健康に関心を持つような策が必要なのです。

私は、「健康」をファッション化すれば良い
のではないかと考えます。

健康であることがお洒落な人になれるのだと。

さまざまな健康法が流行するのではなく、
健康そのものが最先端の流行となるように。

posted by 佐藤きよあき at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

PRは、自分たちの手で!

最近流行りの「食フェス」。

B級グルメに始まり、ラーメン、肉、ハンバーガー……。

どれも魅力的なイベントなのですが、
その“裏”が見えるようになってきたので、
私はみなさんに忠告したいと思います。

料理一品の価格が、あまりにも高いとは思いませんか。

これは、出店しているお店が悪どくなったのではなく、
主催者が「組織」になってきているからです。

イベント会社が主催するので、
当然、儲けなければなりません。

会場費・運営費が掛かり、
その分を価格に上乗せするようになります。

少し前なら、
地方の名物やお店の宣伝のためにやっていたため、
運営などは有志によるボランティアだったのですが、
ビジネスとしてのイベントなので、
すべてが“お金”なのです。

一品が高額になると、いろんなものが食べられないので、
楽しくもありません。

ただ食事に行っているだけです。

また、最近は入場料まで取っている団体もあります。

こんな金儲けを許してはいけません。

主催者をよく調べてから行くべきです。

純粋にPRしたいと考えている団体だけを
応援して欲しいと思います。

posted by 佐藤きよあき at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

流行遅れもクールジャパン!?

ジャパンブームの波は、
都心のラブホテルにも押し寄せています。

変わった動きをするベッドやセクシーな照明、
中が見えてしまうバスルーム、カラオケなどが、
「面白い!」「楽しい!」「クールだ!」と、
訪日外国人にウケているのです。

他のホテルが取れないからではなく、
個性的な体験をするために、
わざわざラブホテルを選んでいます。

日本人があまり利用しなくなっている、
日本独自の文化は、いま復活のチャンスです。

訪日外国人は、日本のあらゆるものに興味津々です。

posted by 佐藤きよあき at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

演出は大切!

高級チョコレート専門店では、
店内に入るお客さまの数を制限しています。

人の体温による室温の上昇を抑えるためです。

チョコレートは、
微妙な温度変化で変質してしまうのです。

そんな繊細さをお客さまに伝えることによって、
さらに付加価値が高まっていると言えます。

posted by 佐藤きよあき at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

ビジネスに“男女”は関係ない!?

「ミニ四駆」のレース場に、
女性が足を運ぶようになりました。

観客ではなく、レースに出場するため。

また、「ガンプラ」にハマる女性が増えています。

“男の子”の趣味の世界に女性が進出してきたのは、
非常に面白いことです。

これは、ビジネスチャンス!

すべてのことを
「ユニセックス」で考える時が来たようです。

posted by 佐藤きよあき at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ヒマな人に、“生き甲斐”を!

近くにパチンコ店があるマクドナルドでは、
朝9時半頃から、おっさん連中が集まってきます。

パチンコ店の開店待ちをする人たちで、
コーヒー1杯を頼み、席を占領し、
大声でしゃべり出します。

本当にうるさく、迷惑な連中です。

パチンコ店はだいたい10時開店なのですが、
家にいてもヒマなので、おしゃべりをするために、
マクドナルドへ来るのです。

毎日のように、同じことが繰り返されます。
本当にヒマです。

このヒマな人たちに、
生き甲斐となるような“何か”を
提案することができれば、新しいビジネスとなり、
その市場規模も大きく期待できます。

かなり難しいことですが……。

posted by 佐藤きよあき at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

本当に伝えるべきは何か?

美味しい野菜を育てるには、土づくりが大切。

これは常識であって、真面目な農家なら実践しています。

しかし、消費者の眼の前に届く時には、
その情報が伝わっていません。

「甘い」「シャキシャキ」「香りが良い」
などと言っても、心には響いてきません。

「どんな土づくりをしているか」をアピールすべきです。

その姿勢やこだわりを伝えてこそ、
消費者の気持ちが動くのです。

posted by 佐藤きよあき at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

目先を変えただけ。でも……。

京都のパスタ屋さんには、
「つゆだくカルボナーラ」というメニューがあります。

「ただのスープスパゲティやんけ!」と、
関西弁でツッコミたくなるメニューなのですが、
女性に人気があります。

ネーミングで興味をそそり、
味でお客さまを捕まえています。

これを「目先を変えただけ」と捉えるか、
「優れた戦略」と捉えるか。

ハッキリ言うと、
“小手先のテクニック”ではありますが、
成功事例としてご紹介しておきましょう。

posted by 佐藤きよあき at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする