2018年01月20日

言葉が人を惹きつける。

思わず見てしまう。思わず読んでしまう。
私たちのまわりには、そんなことが多々あります。

その中のひとつが、言葉です。

たったひと言が、多くの人を惹きつけたりします。

その言葉が入っているだけで、人は興味を持ち、
お店を利用してしまうことがあります。

「裏技」「秘伝」「秘密」「理由」「損」「失敗」
「得」「マスコミ」「話題」「魔法」「新○○」
「初○○」「楽」「ここだけ」「一番」「痩せる」
「奇跡」「人気」「みんな」「いまだけ」「限定」
「先着」「特別」「割引」「おまけ」……。

これらのキーワードを使えば、
注目度を高めることは容易になります。

後は、中身次第ですが……。

posted by 佐藤きよあき at 08:50| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

店員さんを憶えてもらえ!

ある居酒屋さんでは、
メニュー表に店員さんの顔写真を載せています。

名前と簡単なプロフィールつきで、
店員さんを憶えてもらうためにしていることです。

お店とお客さまとの距離を縮めるために
もっとも重要なのは、
店員さんとお客さまとのコミュニケーションです。

挨拶や注文を聞くだけの関係より、名前を呼んで、
他愛もない会話をすることの方が、
より親しみを感じやすく、
何度も足を運びたくなるものです。

posted by 佐藤きよあき at 09:10| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

ビジネスの成功には、“おもてなし”が不可欠!

日本で「おもてなし」の文化が広まったのは、
江戸時代だと言われています。

一般庶民の間で「伊勢参り」がブームになった頃。

全国から集まってきた旅人の疲れを癒すため、
伊勢の人たちが温かく迎え入れ、
きめ細かな心配りをしたことが始まりです。

この行いに感銘を受けた旅人たちが、
地元に帰った時に、同じことをするようになり、
「おもてなし」の文化が広まったのです。

伊勢の人は、
儲けることが目的だったのかもしれませんが、
そのためには、やはり
「おもてなし」が必要だったのです。

posted by 佐藤きよあき at 09:13| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

ビジネスの季節感。

マクドナルドの
「グラコロバーガー」や「月見バーガー」は、
季節の限定販売で集客に成功しています。

どちらも1年中作ることのできる商品ですが、
敢えて季節感を演出することで、
お客さまの興味を引き出しています。

この手法を使えば、オールシーズンの商品であっても、
期間限定で集中販売することができます。

ビジネスに季節感を盛り込んでみませんか。

posted by 佐藤きよあき at 09:39| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

高齢社会の“女心”を満たすビジネス。

介護・福祉施設で、洋服を販売する服屋さんがあります。

自由に外出できない高齢者にとって、
非常に嬉しいサービスです。

特に女性は、“服を選ぶ”という行為に目を輝かせます。

女心を取り戻す瞬間です。

そのワクワク感が、生きる糧にもなっているのです。

もっともっと普及して欲しい、
高齢社会の必須サービスだと思います。

posted by 佐藤きよあき at 09:10| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

ビジネスのネタは、どこにでもある!

テレビ東京の「池の水ぜんぶ抜く大作戦」
という番組が大人気となっています。

池の水を抜いて、清掃したり、
外来生物を駆除したりします。

ただそれだけなのですが、
視聴率は毎回アップしています。

誰も興味はないだろうと思われる、
池という存在をクローズアップしたところが、
まずは大きなチャレンジです。

池は身近にあり過ぎるが故に、
意識はしていないけれど、
実は興味があったのです。

池の中はどうなっているのだろう。
どんな生き物が棲んでいるのだろう。

そこで、水を抜いてみると……。

驚きの連続で、面白さを感じ始めたのです。

作業に掛かる費用はテレビ局が持ちますが、
大勢の人を雇う予算はないので、
地元のボランティアを募集します。

すると、たくさんの人が集まり、
地元では大きな話題となります。

番組を観る人も増えます。

視聴率が上がれば、他の地域からも依頼がきます。

地元の人や視聴者をどんどん巻き込んで、
話題性のある番組へと成長していきます。

この番組は、
ビジネスの成功例と同じ仕組みを持っています。

目のつけどころが斬新で、まわりの人びとを巻き込み、
話題となっていくのです。

「池」というネタは日本中に多く存在するので、
しばらくは続けることができます。

ただし、飽きられないような仕掛けが
必要になってきますが。

posted by 佐藤きよあき at 10:46| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

1年中がクリスマス!

クリスマスグッズを1年中売っている専門店があります。

それだけ、人びとの
クリスマスに対する想いは強いのです。

クリスマスの装飾を見ると、人は楽しい気分になれます。

あるケーキ屋さんでは、
そんな楽しい気分をお客さまに味わってもらうため、
1年中クリスマスの飾りをディスプレイしています。

日常的なおやつとして、ケーキを買いに来た人でも、
クリスマス飾りを見て、
より一層ケーキを食べる楽しさを感じることでしょう。

美味しいものと楽しさを売っているお店です。

posted by 佐藤きよあき at 08:42| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

料理人のいらない飲食店。

ある居酒屋さんでは、お客さまの前に七輪を置き、
いろんな干物をその場で焼いて、食べさせてくれます。

と言っても、焼くのはお客さま。

興味を持った干物を選び、
自分好みの焼き加減で食べることができます。

お店の人は、焼き方を教えるだけ。

このお店は、ほぼ干物だけを提供しているので、
料理人が必要ありません。

料理をしなくても、
お客さまは満足して帰っていくのです。

このように、調理をしない飲食店が有利であることは、
業界では常識です。

焼き肉やしゃぶしゃぶもそうです。

お客さまに料理をしてもらう方法を考えれば、
料理人がいらないので、
人件費を安くすることができます。

posted by 佐藤きよあき at 14:44| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

お金を遣ってもらう仕掛け。

お店の入口前に、
小さなフラワーショップを作ったスナックがあります。

お酒と花には、何の繋がりもないように思えますが、
実は緻密に計算された戦略なのです。

スナックに来たお客さまが、お店の女の子に
花をプレゼントするように仕掛けたのです。

女の子たちを喜ばせ、花も確実に売れるということです。

なるほど!

posted by 佐藤きよあき at 09:17| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

常連さんには、特別扱いを。

ある居酒屋さんでは、
常連さんにお出しする1杯目のビールは、
通常よりひとまわり大きな
「専用グラス」でサービスしています。

お酒好きには、たまらない心遣いですよね。

どうせ飲みに行くなら、
どうせお金を遣うならあのお店で、となります。

お客さまの心をしっかりと掴んでいます。

posted by 佐藤きよあき at 08:55| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする