2017年02月25日

「正直」が、成功の鍵!

少し前、スーパーの「イズミヤ」が、
実際には仕入れていない神戸牛を3割引きで販売する
と広告で宣伝し、
景品表示法違反(おとり広告)に当たるとして、
消費者庁から再発防止の措置命令が出されました。

大きなニュースにはなりませんでしたが、
これは明らかな詐欺です。

いまの世の中、大手であっても信用できません。

そんな中で商売をするには、
「正直」がなにより大切なものとなります。

嘘偽りなく、良い品だけを販売していくことです。

安くできないのであれば、
その理由もお客さまに「正直」に伝えるのです。

「申し訳ないのですが、○○○で高くなりますが、
 ご了承ください」と。

それが、信頼を勝ち取る術なのです。

posted by 佐藤きよあき at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

チャンスは眼の前にあるのに。

冬になると、
各地から大寒波による雪の被害が報告されます。

特に、屋根の雪下ろしに関する事故。

雪の積もらない形状の屋根や
屋根に水を流すシステムもあります。

なぜ、これらは普及しないのでしょうか。

「営業力の不足」。

毎年の苦労を考えれば、導入する人は増えるはずです。

人の安全のためにも、もっと営業努力をすべきです。

posted by 佐藤きよあき at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「レトルトカレー」で集客する、普通のカレー屋さん。

山形にあるカレー専門店の壁面には、
レトルトカレーのパッケージが100個以上
ディスプレイされています。

レアものもあれば、ご当地カレーもあります。

これらは、店主が集めたものではなく、
馴染みのトラック運転手が、
「こんなカレーがあったよ」と、
プレゼントしてくれたものです。

それがいまでは、お店のシンボル、
イメージとして定着しているのです。

お客さまとの親しいつき合いがあったからこそ、
いまのお店ができあがったのです。

人の繋がりは大切にしたいものです。

posted by 佐藤きよあき at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

いちごビジネスの驚異的な破壊力!

女子はスイーツ命。

中でも、いちごを使ったスイーツには、
目の色が変わります。

この時期ホテルでは、「いちごフェア」が大盛況。
料理もスイーツもいちご尽くし。

120分5800円、90分5000円
という高額なビュッフェが、毎回満席となっています。

スイーツのお店もスーパーのお菓子売り場も
いちごだらけ。

そんな需要に応えるため、いちご農家も増殖中。

品種も全国で300種以上存在しています。

いちご市場は、バブル期だと言っても良いでしょう。

参入するなら、お早めに。

posted by 佐藤きよあき at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

“養殖食材”に商機アリ!

世の中には、“専門”飲食店がたくさん存在します。

たこ焼き・お好み焼きなどの庶民的なものから、
ふぐ・かに・まぐろなどの高級品まで。

商売としては、何でも屋さんより専門店の方が、
印象度も注目度も高く、経営しやすいとも言えます。

しかし、ライバルも多く、
味やコストパフォーマンスが求められ、
厳しい環境なのかもしれません。

そこで、専門分野を
特殊なものにしてみてはどうでしょう。

「銀鮭専門店」「カサゴ専門店」「メジナ専門店」
「カワハギ専門店」……。

目新しさと珍しさで、注目度は高く、
ライバルも存在しません。

集客に苦労することも少ないのではないでしょうか。

「そんな珍しい食材は、手に入らないのでは?」
と、思う方もいるでしょう。

実は、先に書いた魚は、
現在すべて養殖されているものです。

つまり、入手が容易な食材なのです。

あまり普及していないいまだからこそ、
大きなチャンスなのです。

posted by 佐藤きよあき at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする