2017年02月13日

いちごビジネスの驚異的な破壊力!

女子はスイーツ命。

中でも、いちごを使ったスイーツには、
目の色が変わります。

この時期ホテルでは、「いちごフェア」が大盛況。
料理もスイーツもいちご尽くし。

120分5800円、90分5000円
という高額なビュッフェが、毎回満席となっています。

スイーツのお店もスーパーのお菓子売り場も
いちごだらけ。

そんな需要に応えるため、いちご農家も増殖中。

品種も全国で300種以上存在しています。

いちご市場は、バブル期だと言っても良いでしょう。

参入するなら、お早めに。

posted by 佐藤きよあき at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

“養殖食材”に商機アリ!

世の中には、“専門”飲食店がたくさん存在します。

たこ焼き・お好み焼きなどの庶民的なものから、
ふぐ・かに・まぐろなどの高級品まで。

商売としては、何でも屋さんより専門店の方が、
印象度も注目度も高く、経営しやすいとも言えます。

しかし、ライバルも多く、
味やコストパフォーマンスが求められ、
厳しい環境なのかもしれません。

そこで、専門分野を
特殊なものにしてみてはどうでしょう。

「銀鮭専門店」「カサゴ専門店」「メジナ専門店」
「カワハギ専門店」……。

目新しさと珍しさで、注目度は高く、
ライバルも存在しません。

集客に苦労することも少ないのではないでしょうか。

「そんな珍しい食材は、手に入らないのでは?」
と、思う方もいるでしょう。

実は、先に書いた魚は、
現在すべて養殖されているものです。

つまり、入手が容易な食材なのです。

あまり普及していないいまだからこそ、
大きなチャンスなのです。

posted by 佐藤きよあき at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

金儲けの疑問?

外貨獲得のためには、人に迷惑を掛ける中国人にも
来てもらわなければならない。

ギャンブル依存症の人が増えても、
地域経済のためには、
カジノを誘致しなければならない。

人の命が掛かっていても、日本経済のためには、
原子力発電が必要である。

これは、正しいことなのでしょうか。
本当にそれで良いのでしょうか。

posted by 佐藤きよあき at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

夢をカタチにすれば、売れる。

北欧で、「サンタクロースのお家」
という物件が売り出されています。

「サンタさんが所有していた」という売り文句で、
部屋には暖炉があり、
クリスマスツリーが飾られています。

おもちゃづくりをする部屋もあり、
トナカイ小屋とソリ置き場もあります。

実に楽しい、夢のある家です。

もし、自分でこんな家をつくろうとすると、
大変な手間と時間が掛かります。

みんなが憧れるであろう「サンタクロースのお家」
というテーマで売り出しているのは、
素晴らしいアイデアです。

posted by 佐藤きよあき at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

料理を安くすれば、お酒の注文が増える!

おばちゃんが1人で切り盛りする居酒屋には、
メニューがありません。

「おまかせ」あるいは「何でも作ってくれるのか」
と思うでしょうが、どちらもハズレです。

「お通し5品 300円」。

料理は、これだけなのです。

席に座れば、この5品が出されます。
注文するのは、飲み物だけ。

おばちゃんにはファンがいて、
おばちゃんの料理にもファンがいて、
メニューのないことに文句を言うお客さまはいません。

出された料理をつまみながら、お酒を飲みます。

しかも、たった300円なので、
その分の浮いたお金をお酒にまわします。

つまり、お酒の注文がどんどん入るということです。

居酒屋はアルコール類で儲けるのがセオリー。

料理を300円にすることで、
利益率の高いアルコールが売れるのです。

また、お客さまのいる間に料理を作らないので、
お客さまとじっくり話ができます。

これで、おばちゃんファンも増えるのです。

計算ではないでしょうが、見事な戦略となっています。

posted by 佐藤きよあき at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする