2017年06月02日

商売人は、“ユーモアセンス”を!

店主の人柄に惚れて、
常連さんになることはよくあります。

お店や商品はほどほどでも、
店主に会うために通う人もいます。

そんな愛されている店主には、
面白い人が多いのです。

笑いのセンスがある人です。

たとえば、臨時休業を知らせる
張り紙1つにもユーモアがあります。

「お客さんにスイカが「おいしくない」っ言われて
兄がいじけたので休みます。
兄はほめられてのびるタイプなのになぁ〜」

「道重さゆみがモーニング娘’14を卒業した為、
臨時休業致します。
(ももクロにのりかえます)」

「浮気がバレたので、今日は閉店します。
またのお越しをお待ちします」

「甚だ勝手ではございますが、
本日は、サッカー日本代表敗戦をうけ
店主体調不良の為 臨時休業いたします。」

「8/31(日)〜9/9(火)
唐辛子探索のため お休みをいただきます。」

「イタタ…イタタ…
本日 けびょうのため 休みます」

これらは、実際にお店に張られていたものです。

「都合により、臨時休業」では、
お客さまが残念に思うだけです。

ユーモアがあれば、笑顔で帰ってもらえます。

posted by 佐藤きよあき at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

人を惹きつけるのは「食」。

北海道の果て、利尻島に、
「利尻ラーメン 味楽」というお店があります。

北の僻地、しかも島にあるお店ながら、
ここのラーメンを食べるために、
全国各地からお客さまが訪れ、
時には行列ができるほどです。

ラーメンのためだけに、島に渡るのです。

地域おこしを考える際、観光資源の洗い出しや
新しい施設を作ろうとしますが、
何より人を惹きつけるのは「食」であることを
知っておいてください。

「食」に勝てる集客手段はない、
と言っても良いでしょう。

まずは、「食」から。

posted by 佐藤きよあき at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

地元の“当たり前”が売れる!

長崎県で作られるサンドイッチは、
マヨネーズに砂糖が入っているそうです。

違う地域の人間からすると、想像もできないし、
あり得ないと思う人もいるでしょう。

しかし、私もそうですが、「食べてみたい」
という興味を持つ人は結構いるはずです。

ならば、もっとPRすべきなのです。

地元では当たり前のことでも、
他の地域の人にとってはとても新鮮。

こうしたものは、どこにでもあるはずです。

集客のチャンスです。

posted by 佐藤きよあき at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする