2020年04月29日

さまざまなカタチの熟成。

「坊勢(ぼうぜ)サバ」をご存知でしょうか。

瀬戸内海に浮かぶ坊勢島の沖で獲れたサバを
「畜養」することで、
高値で売れる“ブランドサバ”に変身させています。

畜養。
つまり、獲ってきたサバに、
栄養豊富なエサを与えることで、
脂の乗った付加価値の高いサバに
育て上げているのです。

獲ったサバをそのまま市場に出せば、
1kg数百円にしかなりませんが、
畜養することで、1kg4000円もの価値がつきます。

そのまま売らずに育てるビジネス手法は、
他の食品にも見られます。

果物やさつまいもなどは、
低温貯蔵で糖度を上げてから、出荷しています。

すなわち、ビジネスに“熟成”を取り入れたことで、
収益の大幅アップを実現しているのです。

posted by 佐藤きよあき at 09:16| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。