2020年04月15日

“こだわり”の商売には、ファンがつく。

持ち帰りのハンバーグと言えば、
総菜屋さんか肉屋さんを思い浮かべることでしょう。

総菜屋さんでは、独自の味つけをした調理済みの商品を。

肉屋さんでは、調理済み商品もしくは
成形しただけの生の商品を売っています。

しかし、あるハンバーグ専門店では、
成形した生のハンバーグしか売っていません。

国産牛100%の焼いていないハンバーグを数種類のみ。

これは、店主の思いをお客さまに伝えるためなのです。

“ハンバーグは、絶対に焼きたてが美味しい”という、
店主のこだわりなのです。

お客さまが買って帰り、
家で焼きたてを食べて欲しいのです。

なるほど! と納得してしまいます。

posted by 佐藤きよあき at 08:53| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。