2020年03月25日

バカバカしいことでもやってみる。

ある産品販売所では、
いびつなカタチをした大根が売れないことに
悩んでいました。

巷で時々話題になる「セクシー大根」のようなものです。

ある時、冗談で「顔でもつけてみようか」となり、
実際に顔を描いたシールを貼って、
売り場に置いてみました。

大根の表情に合わせて、
顔のデザインをあれこれ変えました。

すると、売れ始めたのです。

まったく売れなかった大根が、
顔をつけただけで売れるようになったのです。

単なる思いつきだと馬鹿にしてはいけませんね。

それが、アイデアなのです。

posted by 佐藤きよあき at 10:50| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。