2019年03月13日

ボーイスカウトの大人版。

張る時にはコツのいる三角テントや
木を集めてくる焚き火は、
「グランピング」へと姿を変えました。

重い荷物を運んだ河原のバーベキューは、
手ぶらでビルの屋上に行けば、できるようになりました。

「面倒なことはせずに楽しみたい」
という気持ちはわかりますが、
何か間違っていると思うのは私だけでしょうか。

否定するつもりはありません。

新しいレジャーとしての存在は認めます。

しかし、本物のキャンプやバーベキューを
知っておくべきではないかと。

それは、多くなっている災害への備えとしての
「サバイバル術」とも言うべきものです。

生き残るための知恵が詰まっています。

キャンプやバーベキューを教える学校が
あってもいいのではないでしょうか。

ボーイスカウトの大人版のようなもの。

これはビジネスになりそうです。

posted by 佐藤きよあき at 09:09| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。