2019年01月30日

日本文化に鯉する外国人!?

新潟県小千谷市に、ヨーロッパをはじめとする
海外の人が大勢押し寄せています。

この地が発祥で、養殖する業者が数多くいる、
ある生き物を買うためにやって来ます。

お客さまの7〜8割は外国人だという業者もいます。

真鯉から改良して誕生した「錦鯉」です。

海外に愛好家が多く、品評会なども行われています。

その中でも、こだわりの強い愛好家が、
わざわざ本場まで買いに来るのです。

日本では住宅事情などで、
鯉を飼う人は少なくなっていますが、
海外では池を作ることくらいは普通にできます。

日本の優雅で風流な文化が、
外国人に注目されたのです。

このような、日本では敬遠されつつある文化でも、
外国人には受け入れられるかもしれません。

探してみれば、そこにヒントがあるかもしれません。

posted by 佐藤きよあき at 09:30| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。