2017年08月21日

責任者は、“人格者”であるべき!

京都のある有名ホテル。
格調高い高級ホテルとして、
国内外にその名が知られています。

そのホテル内の中国料理店に、
テレビの取材が入り、
ホテルの総支配人が応対していました。

リポーターが「フカヒレの姿煮つゆそば」を
食べるのですが、
なぜか隣で総支配人も一緒に食べています。

それはテレビ局の演出として構わないのですが、
その総支配人を観て、私はこのホテルはレベルが低い
ということを感じ取りました。

ラーメンを食べた後、話をし始めるのですが、
総支配人は箸を丼に突っ込んだままにしていたのです。

テーブルに置き直すまではしなくても、
せめて丼の端に揃えて置くべきです。

最低限のマナーです。

食べている途中でも、
丼に突っ込んだままにするのは下品ですが。

こんな人が総支配人だとは驚きです。

たかが箸の扱い、ではありません。
人としての“振る舞い”です。

ホテルマン以前の問題です。

それができない総支配人がトップでいるホテルに、
最上級のおもてなしを期待できるわけがありません。

仕草ひとつで、人はわかるものです。

posted by 佐藤きよあき at 10:12| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。