2017年02月21日

チャンスは眼の前にあるのに。

冬になると、
各地から大寒波による雪の被害が報告されます。

特に、屋根の雪下ろしに関する事故。

雪の積もらない形状の屋根や
屋根に水を流すシステムもあります。

なぜ、これらは普及しないのでしょうか。

「営業力の不足」。

毎年の苦労を考えれば、導入する人は増えるはずです。

人の安全のためにも、もっと営業努力をすべきです。

posted by 佐藤きよあき at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447209143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック