2016年12月30日

「ミイラを作る」という発想は面白い!

テレビや雑誌で見たことがあると思います。

「人魚」や「かっぱ」、「カラス天狗」のミイラ。

学術的には、
そのほとんどが作りものだと認定されています。

私の地元・和歌山では、江戸時代に“産業”として、
人魚などのミイラを作って、
海外に輸出していたそうです。

趣味の悪い、黒い歴史なので、
あまり表には出てこない情報ですが。

語弊があるかもしれませんが、
面白いビジネスを考えたものですね。

やってはいけないことだとも思いますが、
“ビジネスの視点”としては、興味深いですね。

posted by 佐藤きよあき at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック