2016年05月22日

立ち食いそばが、“粋”になる。

立ち食いそば先進地域である東京では、
競争を勝ち抜くために、さまざまなアイデアと工夫で、
お客さまを楽しませてくれています。

次から次に生まれる新メニューや手打ち麺を使うお店。
ゆでたてを提供するお店。

立ち食いとは思えないレベルのお店が増えています。

その中に、「そば湯」が自由に飲めるお店があります。

“たかが立ち食い”ではないレベルのお店なら、
つゆも本格的。

そば湯も飲みたくなるもの。

立ち食いで“通”の気分が味わえるのです。

その内、「板わさ」や「焼き海苔」、「そばがき」なども
メニューに加わり、立ち食いで“粋な江戸っ子”を
体験できるようになるのかもしれませんね。

posted by 佐藤きよあき at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438137218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック