2016年03月27日

小規模なお店が心地良い。

大型スーパーができた時の年配のお客さまの反応。

「広過ぎて、私ら年寄りには疲れる」
「どこに何があるのか、わかりにくい」
「聞きたいことがあっても、近くに店員さんがいない」

こうした言葉を必ず聞きます。
よって、小さなスーパーの方が買いやすい、となり、
日常の買物は、小さい方のお店に行きます。

家電量販店、ホームセンターでも、
同じことが言えます。

品揃えが多いのは、選択肢が増えていいことですが、
お年寄りは、それ以前に“買いやすさ”を重視します。

いつでも近くに店員がいて、
何がどこにあるのかを知っており、
動きまわる必要がないお店。

そこに、笑顔と親切があれば、
お年寄りに愛されるお店が生まれます。

posted by 佐藤きよあき at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック