2019年10月30日

「移動手段」から、“目的”へ!

フェリーと言えば、どんなイメージをお持ちでしょうか。

車ごと海上を移動する手段。

トラック運転手がたくさん乗っている。

エンジン音のうるさい船室で、大勢が雑魚寝。

“船旅気分”はないものの、
安く目的地に行くことができる。

レストランはなく、軽食程度しか食べられない。

長距離航路のフェリーは別として、
これまであまり良いイメージではなかったはず。

しかし、四国開発フェリーが運行する
「おれんじフェリー」は違います。

営業航路のひとつ「おれんじおおさか」は、
新造船を導入し、豪華フェリーとして再出発しています。

全室個室となり、多様な要求に応えています。

スイートルームやシングルルーム、
バリアフリー、ペット可などの客室を作り、
サイクリング客用には自転車スタンドも用意。

また、トラック運転手だけではなく、
旅行客を呼び込む手段として、
ビュッフェ形式のレストランをオープンさせています。

和洋中約40種類の料理を用意し、
旬の味覚を楽しめるようになっています。

特に、四国周辺の海鮮に力を入れています。

「食」は人を惹きつけます。

美味しいものがあるなら、そこが船の上でも、
人びとは集まってくるのです。

これまでの問題点を解決し、
利用者の望みを叶えていった結果が、
業績回復に繋がったのです。

移動の手段でしかなかったフェリーが、
いま“船旅”へと変貌を遂げたのです。

posted by 佐藤きよあき at 14:25| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

“効率”を考えたビジネス。

NTT西日本が、事業の効率化・集約化によって
空きスペースとなった場所を利用して、
イチゴの栽培を始めています。

ビルの空きフロアで農業を始めるのは、
トレンドでもあり、
将来を期待できるビジネスでもあります。

しかし、なぜイチゴなのでしょうか。

「グラムあたり、もっとも高価な作物だから」
というのが理由です。

これだけ聞くと、金儲け主義のようにも感じますが、
実は理にかなっているのです。

ビルは農地と違って狭いので、
いかに効率の良い作物を育てるかがカギとなります。

そこで、「グラムあたり、もっとも高価」
なイチゴを選んだのです。

これは、とても重要なポイントです。
正しい考え方だと言えます。

posted by 佐藤きよあき at 10:12| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

女心をくすぐる!

体幹を鍛えるためのエクササイズ「ピラティス」。

ある教室では、マーメイド(人魚)の衣装を身につける、
ちょっと変わったトレーニングを実施しています。

その集客方法がユニークなのです。

生徒さんをマーメイドの衣装で、
SNSに登場させているのです。

「マーメイドアンバサダー」として“認定”し、
協力してもらっているのです。

生徒さんは、「アンバサダー」という
肩書きをもらうことで、
積極的にPRしてくれるようになります。

マーメイドの姿でSNSに登場することは、
照れくさいながらも女心をくすぐるようで、
喜んでポーズをとってくれます。

多少年齢の高い女性たちですが、
笑顔で映っています。

見た人も勇気を持つことでしょう。

女性の心理をついた、巧みな手法です。

posted by 佐藤きよあき at 09:11| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする