2019年07月31日

「松阪牛」の超集客力。

「一番食べたいブランド牛は何ですか?」
というアンケートがありました。

松阪牛、神戸ビーフ、米沢牛など、
誰もが知っているブランド牛の中で、
もっとも支持されたのは松阪牛です。

全体の35%以上の人が食べたいと言っています。

次に入ったのは、米沢牛で10%程度。

他のブランド牛は、
2〜4%程度の低い支持となっています。

消費者の間では、
松阪牛が圧倒的な存在だということがわかります。

すなわち、ブランド力が高いのです。

ブランド力の高さは、集客力の高さとも言えます。

もし、あなたがステーキハウスや
しゃぶしゃぶ・すき焼きのお店を始めるのなら、
松阪牛を使うことをお奨めします。

消費者は、ブランドに弱いものです。

イメージに酔って、美味しいと判断してしまうものです。

もっとも肝心な集客の部分で、
苦労が少なくなるのですから、
松阪牛を使う方が得策です。

posted by 佐藤きよあき at 09:20| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

退社後のビジネスチャンス!

午後5時から開店する文具店があります。

女性店主のセンスで世界中から集めた文具を販売する、
セレクトショップ的なお店です。

見たことのない、
驚きやときめきを感じてもらいたいと言います。

夜のみの営業となっているのは、
店主が昼間の仕事を持っているためなのですが、
会社帰りに立ち寄れる文具店ということで、
逆に夜営業がウケているのです。

残業が減っているいま、
こうしたお店が増えてくるのかもしれませんね。

posted by 佐藤きよあき at 08:58| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

お客さまの嗜好を探れ!

北海道のある釜めし屋さんには、地元産の牛肉を使った、
「牛ハンバーグ釜めし」というメニューがあります。

釜めしと言えば、
海鮮・山菜・きのこ・鶏・カニなどが浮かび、
それが一般的で、イメージが固定化しています。

しかし、このお店は固定観念を捨て、
ハンバーグを釜めしに入れてみたのです。

決まりきったバリエーションしかない釜めしを
好まない人も結構いるので、
肉系の釜めしがあることは、
客層の広がりに繋がっているはずです。

家族やグループのみんなが、
それぞれ好みの味を選ぶことができるのは、
ファミレスぐらいしかありません。

釜めし屋さんで、幅広いメニューがあれば、
大勢で利用するお店の選択肢のひとつと
なっているのではないでしょうか。

posted by 佐藤きよあき at 11:09| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする