2019年04月24日

高級なものを庶民価格で!

以前、回転寿司の「スシロー」が、
シャリに赤酢を使ったキャンペーンを実施しました。

赤酢と言えば、
銀座の高級店や老舗でしか味わえないものです。

一般庶民もそのことはよく知っており、
興味はあるはずです。

それが回転寿司で体験できるとなると、
多くの人が足を運んだのではないでしょうか。

高級なものを庶民価格で味わえるのは、
「俺の」シリーズのお店でも実証されているように、
庶民が飛びつく戦略であり、戦術でもあります。

飲食業界の活況を牽引するほどの力があります。

posted by 佐藤きよあき at 09:59| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

小さなお店の基本を忘れるな!

あるスーパーでは、正月前になると餅まきをしたり、
真冬にはぜんざいを振る舞ったりしています。

昔はよく見掛けた集客イベントですが、
シビアな経営環境となったいまでは、
実施するお店はなくなりました。

しかし、このお店は
“地域の人びとに喜んでもらいたい”
という思いだけで、長年続けています。

地域の恒例行事となって、
周辺の人びとの暮らしに溶け込んでいます。

まさに、地域密着。

小さなお店は、忘れてはいけない姿勢です。

posted by 佐藤きよあき at 10:58| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

何でもネット販売!?

何でも売っているアマゾンですが、
「棺」や「骨壺」、「墓石」なども売られているのを
ご存知でしょうか。

誰が買うのか? という疑問を持つかもしれませんが、
世の中にはぼったくりの葬儀を
出せない人はたくさんいます。

墓石はなくても構いませんが、
最低限のことをするためには、
「棺」と「骨壺」は不可欠です。

特に「棺」ですが、
アマゾンでは安く売られているのです。

葬儀屋さんに頼むと、最低5,6万円は掛かりますが、
アマゾンなら2万円程度です。

葬儀屋さんで「棺」だけを買うこともできないので、
結局は5,6万円では済みませんし。

ある福祉施設の方は、
お金の無い入所者が亡くなった時に、
アマゾンで購入して、火葬のみ行ったということです。

行政からの補助もありますが、税金なので、
できる限り安く済ませなければなりません。

こういう需要があることに驚きです。

アマゾンで売っているのは助かりますが、
葬儀のカタチは、もっと変わらなければいけませんね。

posted by 佐藤きよあき at 09:44| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする