2019年03月27日

「インスタ映え」の集客力。

関西人には馴染みのある遊園地「ひらかたパーク」。

以前、「MOVE 生きものになれる展」
というイベントが開催されました。

生き物のコスプレができる、とでも言うのでしょうか。

ペンギンやダンゴムシ、チョウチョなどの扮装ができ、
写真が撮れるのです。

いわゆる、“写真映え”のためのイベントなのです。

いまや、写真を撮ることが集客力となります。

これなら、個人商店でもできそうです。

posted by 佐藤きよあき at 08:49| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

方言は観光資源!

名古屋のある神社には、ユニークなおみくじがあります。

『名古屋弁おみくじ』。

そこに書かれた運勢は、すべて名古屋弁。

恋愛:自信を持ってもええでよ
   相手もすいとる

商売:積極的にいきゃあ

縁談:くよくよせんで進みゃあ
   幸福があるでよ

地元の人にとっては親しみが湧き、
観光客が見れば、面白可笑しく楽しめます。

ただし、この神社はあまり知られていないので、
この方言おみくじを観光資源と捉えてアピールすれば、
来訪者は増えるのではないでしょうか。

おみくじ以外にも、
方言をテーマにした施設やお土産を創り出せば、
この地域は観光地に変貌するでしょう。

posted by 佐藤きよあき at 09:28| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

ボーイスカウトの大人版。

張る時にはコツのいる三角テントや
木を集めてくる焚き火は、
「グランピング」へと姿を変えました。

重い荷物を運んだ河原のバーベキューは、
手ぶらでビルの屋上に行けば、できるようになりました。

「面倒なことはせずに楽しみたい」
という気持ちはわかりますが、
何か間違っていると思うのは私だけでしょうか。

否定するつもりはありません。

新しいレジャーとしての存在は認めます。

しかし、本物のキャンプやバーベキューを
知っておくべきではないかと。

それは、多くなっている災害への備えとしての
「サバイバル術」とも言うべきものです。

生き残るための知恵が詰まっています。

キャンプやバーベキューを教える学校が
あってもいいのではないでしょうか。

ボーイスカウトの大人版のようなもの。

これはビジネスになりそうです。

posted by 佐藤きよあき at 09:09| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする