2019年02月27日

美と健康の集客力を知れ!

究極の野菜料理。

それは、有機栽培の野菜を食べやすい大きさに切り、
「こだわりの塩」2,3種類を添えて提供すること。

「有機栽培」ということで、
美容と健康を気遣う女性の心を惹きつけ、
塩にこだわることで、
食に敏感な人たちの興味をそそります。

そして、手間と時間の節約になります。

このように、ターゲットの志向を読み解けば、
比較的楽な集客ができるのです。

posted by 佐藤きよあき at 09:30| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

関東人と関西人の違いを知れ!

「日帰りバスツアー」が大盛況のようです。
ユニークな行き先と低価格が人気の秘密です。

“日帰り”という手軽さも
参加のしやすさになっています。

さて、こうしたバスツアーには、
どんなお客さまが参加しているでしょうか。

実は、関東と関西では客層が違っているのです。

関東では、おばさまたちのグループをはじめ、
中年夫婦、若いカップル、若い女性のグループなどです。

関西では、おばちゃんたちのグループが圧倒的に多く、
中年夫婦がチラホラ。

若い世代はほとんど見掛けません。

これは、どういうことでしょうか。

あくまで私の推察ですが、
関東の人たちは人との絡みがクールで、
同じツアー客同士でも、あまり話したりはしません。

言葉を交わしても、挨拶や軽い声掛け程度です。

相手を尊重するため、
そのテリトリーに無理やり入る込むことはありません。

一方関西の人、特におばちゃんは、相手が誰であろうと
「どこから来たん?」「仕事は何してんの?」
「今日は休み?」などと、ズケズケと入り込んできます。

関西ではそれが挨拶のようなものですが、
やはり若い人には若干苦手意識があります。

このおばちゃんたちの集団が多く参加しているツアーに、
若い人たちが参加したいとは思いません。

これが、関東と関西の客層の違いとなっているのです。

関西人で、しかもおばちゃんたちには慣れている私でも、
関西のツアーは躊躇してしまいますから。

同じようなバスツアーなのに、
客層が変わってしまうのは、非常に興味深い現象です。

関西は特殊なのかもしれませんが。

posted by 佐藤きよあき at 11:13| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

日本の文化が面白い!

訪日外国人が急増するいま、
カプセルホテルが注目されています。

安いだけではなく、面白く楽しい場所として、
認知されているのです。

カプセルホテルは従来、
安くするために極力小さな空間を作り、
すべての無駄を省いてきましたが、
いまはテーマを持って、
他と差別化できる面白い取り組みを行っています。

高級マットレス&羽毛布団で快適さを売りにするホテル。

飛行機のファーストクラスをイメージしたもの。

館内すべてを和風にしたもの。

黄金色の茶室をイメージしたもの。

書店の本棚の中に個室を作ったもの。

サムライをテーマにしたもの。

男性アイドルグループをテーマにしたもの。

まるでテーマパークのような、
ユニークなホテルが次々に誕生しています。

ロシアでは、日本のカプセルホテルをヒントに、
宇宙船内部のような、
SF感溢れる個室になっているホテルもできています。

カプセル内は白で統一し、天井には青いライト。
室内の装備用コントロールパネルは、
まさに宇宙船の操作パネルのよう。
非常にユニークです。

このように、カプセルホテルの可能性は無限です。

ホテル不足は今後も続きます。
そこに、ビジネスチャンスが!

posted by 佐藤きよあき at 09:40| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする