2018年02月28日

小さな書店の生き残り策とは?

小さな個人書店が、次々に潰れています。

本を読まなくなったことや万引き被害などが、
その原因です。

この状況から抜け出し、生き残るために、
新たな取り組みを始めている書店があります。

「書店+○○○」という兼業化。

「書店+ホテル」「書店+居酒屋」「書店+カフェ」。

本をゆったりと読んでもらい、
購入に繋げようという試みです。

加えて、別業種での収入確保が図れます。

また別の取り組みとしては、専門書店化があります。

ある分野の書籍に特化した書店。

「食」に関する本のみ。
「猫」のみ。
「旅」のみ。

専門書に絞ることで、
マニアの注目を集めることができます。

小さな書店は、スペースも限られるので、
特化した方が目立ちやすいのです。

厳しい状況に置かれている書店は、
視点を変えた奇抜なアイデアが必要なのかもしれません。

posted by 佐藤きよあき at 10:30| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

おじさんたちの“夢の国”?

レバー料理が一番の売りとなっている、
立ち飲みの居酒屋さんがあります。

その名も「レバーランド」。

まさに、おじさんたちの“夢の国”のような存在。

夜な夜な夢を求めて、おじさんたちが集まってきます。

素晴らしいネーミングだと思います。

posted by 佐藤きよあき at 09:42| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

“不良品”でも売れる方法とは?

あるお店では、
壊れた猫の置き物を売っていたことがあります。

普通なら廃棄する商品ですが、
もったいないので、店主は考えました。

お客さまにお願いしよう。
しかも、猫の言葉で。

「私は耳を怪我しました。連れて帰ってください」

このPOPで、猫の置き物は完売したそうです。

置き物が可愛かったこともありますが、
ちょっとしたひらめきが、功を奏しました。

posted by 佐藤きよあき at 09:23| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする