2017年06月18日

牛乳が、1本1188円で売れる!

1本720ml、1188円(税込み)の牛乳があります。

驚きの価格ですが、美味しいと評判になっています。

自然の中で丁寧に育てられているとはいえ、
なぜ、そこまで高いのでしょうか。

環境や飼料、育て方が違うのはもちろんですが、
この牧場の“姿勢”が、
高くても売れる牛乳を生み出しているのです。

牧場長曰く、
「生き物である牛が作った乳が、
 ジュースと同じような価格で
 売られている方がおかしい」。

飲料市場への疑問や消費者への問題提起とも言えます。

この言葉には、説得力があります。

生き物からいただく有り難い飲み物だ、
ということは心に響きます。

この“姿勢”が、牛乳づくりへのこだわりとなり、
また消費者へのアピールとなっているのです。

モノづくりをする人間は、
こうした“自信とこだわり”を持つべきです。

posted by 佐藤きよあき at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする