2017年02月17日

「レトルトカレー」で集客する、普通のカレー屋さん。

山形にあるカレー専門店の壁面には、
レトルトカレーのパッケージが100個以上
ディスプレイされています。

レアものもあれば、ご当地カレーもあります。

これらは、店主が集めたものではなく、
馴染みのトラック運転手が、
「こんなカレーがあったよ」と、
プレゼントしてくれたものです。

それがいまでは、お店のシンボル、
イメージとして定着しているのです。

お客さまとの親しいつき合いがあったからこそ、
いまのお店ができあがったのです。

人の繋がりは大切にしたいものです。

posted by 佐藤きよあき at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする