2016年10月16日

名前のインパクトで、注文が増える!?

焼肉屋さんの「恋の石焼きビビンバ」。

スウェーデンの家庭料理「ヤンソンの誘惑」。

ユニークな名前のメニューで、
かなりインパクトがあります。

しかし、中身はいたって普通の料理。

名前を工夫するだけで、誰もが興味を持ってしまいます。

素晴らしいセンスですね。

posted by 佐藤きよあき at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

廃棄する「みかん」の活用法。

静岡の居酒屋には、
「すっぱみかんサワー」「青切りみかんサワー」
というメニューがあります。

果実がまだ青い時期に摘んだみかんの果汁を使った、
爽やかなフレーバーのアルコール飲料です。

クセになる香りと酸味で、
人気のメニューとなっています。

この青いみかんは、本来なら農家で廃棄されるものです。

より甘く美味しいみかんを育てるために、
摘果したものなのです。

これを“もったいない”と考え、
その活用法として浮かんだのが、チューハイです。

レモンサワー、ライムサワーなどがあるので、
酸っぱいみかんでも美味しいのではないか、と。

その予想はズバリ的中。
チューハイファンに受け入れられたのです。

「すっぱ」と、開き直ったネーミングが
良かったのかもしれません。

言葉は悪いのですが、ただのゴミ。

廃棄する手間と場所を考えると、
非常に有効な活用法となりました。

世の中には、こうしたゴミがいくらでもあります。
アイデア次第で、立派な商品となるのです。

posted by 佐藤きよあき at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

タイムスリップできる旅館!?

徳島県阿波市に、
平安時代の貴族の暮らしが体験できる旅館があります。

内外装や部屋、部屋着にいたるまで、
平安絵巻にあるような光景の中で宿泊できます。

映像でしか見たことのない時代に
タイムスリップするかのような体験は、
非常に面白く、興味深いと言えます。

美術館・博物館では味わえない、
特別な体験となることでしょう。

“タイムスリップ”は、ビジネスの可能性を広げます。

posted by 佐藤きよあき at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする