2016年10月29日

目先を変えただけ。でも……。

京都のパスタ屋さんには、
「つゆだくカルボナーラ」というメニューがあります。

「ただのスープスパゲティやんけ!」と、
関西弁でツッコミたくなるメニューなのですが、
女性に人気があります。

ネーミングで興味をそそり、
味でお客さまを捕まえています。

これを「目先を変えただけ」と捉えるか、
「優れた戦略」と捉えるか。

ハッキリ言うと、
“小手先のテクニック”ではありますが、
成功事例としてご紹介しておきましょう。

posted by 佐藤きよあき at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

世代が違えば……。

丸亀製麺が、新商品「牛すき釜玉」を発売しています。

うどんの上に、甘辛く煮た牛肉をのせ、
生玉子を落としたもの。

これは、
すき焼きのシメにうどんを入れたものと同じでは?

それが、640円(税込み)というのは、高いような…。

すき焼きが、家庭のごちそう定番だった、
私のような世代の人は、そう思うのではないでしょうか。

しかし、考え方を変えると。

いま、家庭ですき焼きをすることが少なくなっています。

つまり、シメのうどんの味を
知らない世代も多いということ。

すると、この商品は目新しく、
興味の持てる味なのではないかと思います。

はたして、どちらなのか?

posted by 佐藤きよあき at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

消えていたものを復活させてみたら……。

「かっしゃ焼」をご存知でしょうか。

見ためはたこ焼きなのですが、
中の具がまったく違います。

カレー味の鶏肉が入っていて、
「かしわ焼」が「かっしゃ焼」に変形したのだとか。

20〜30年ほど前のこと。
香川県に住む、ひとりのおばちゃんが考案し、
細々と売っていたのが始まり。

おばちゃんの没後、一度消滅しました。

しかし、「かっしゃ焼」のファンだった
現オーナーが復活させ、
現在しわじわとお店が増えています。

眠っていたものが蘇るのは、
やはりどこかに魅力があったからなのでしょう。

そんなものを探し出すのも、
新たなビジネスチャンスとなりますね。

posted by 佐藤きよあき at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする