2016年09月10日

“気のゆるみ”が、老舗をも破綻させる!

石川県の老舗高級旅館「加賀屋」で、
食中毒が発生しました。

刺身の洗い方が不十分だった可能性があり、
腸炎ビブリオが検出されました。

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で、
36年連続で総合1位を続けている旅館です。

はたして、これは“たまたま”だったのでしょうか。

私は、従業員の意識の低下ではないかと見ています。

長年人気を博してきた老舗の“気のゆるみ”です。

人気旅館だけに、次々と新しい従業員も増え、
創業時の精神が
受け継がれにくくなってきたのではないでしょうか。

今回の件で、
気を引き締めることができれば良いのですが、
時代に流される可能性も高いと言えるでしょう。

このダメージは、
今後大きくなっていくのではないでしょうか。

posted by 佐藤きよあき at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする