2016年07月30日

頭が固いと、人生が楽しくない!

時代劇を観て、
「史実に沿っていない」と批判する人がいますが、
「あなたはその時代に生きていたのか?」
と思うのは私だけでしょうか。

“史実”という言葉ではあるものの、
本当に間違いのない事実なのでしょうか。

最近、多くの歴史に間違いのあることが
わかり始めています。

聖徳太子は架空の人物だとか、
大化の改新は645年ではないとか。

「1192作ろう鎌倉幕府」は、1185年になったり。

源平合戦は、源氏と平家の戦いではなかったとか。

こうなってくると、史実など、わからないですよね。

なので、史実はどうあれ、
時代劇は面白ければ良いのではないかと思います。

みなさんは、どうでしょう。

posted by 佐藤きよあき at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

事業の好調は、“副産物”をもたらす。

久々に「くら寿司」へ行きました。

二度と行かないと決めていたのですが、
最近の巧みな戦略を実際に見てみようと思ったのです。

いま注目の「すしやのうな丼」を食べてみることに。

ふっくらとしていて、脂ものって、
うなぎの旨味も充分に感じます。

タレの味が若干辛めですが、それは好みの問題です。

価格からすると、見事な商品となっています。

私が驚いたのは、寿司の方です。

二度と行かないと決めた理由は、
ネタの悪さだったのですが、かなり改善されていて、
ごくごく普通に美味しくなっています。

以前は、どのネタも新鮮さがなく、
臭みのあるものが多かったのです。

100円とはいえ、あまりのレベルの低さに、
腹が立つほどでした。

しかし、ネタは変わっていました。

良い品を仕入れることができるようになったようです。

これなら、行かない理由がありません。
また、時々利用するでしょう。

posted by 佐藤きよあき at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

「ミニ四駆」まで“デコッてしまう”女心。

「ミニ四駆」に再びブームの兆しが。
しかし、これまでとは様子が違います。

若い女性の姿が見られるようになったのです。

男の世界に、若い女性が足を踏み入れる現象は、
さまざまな場所で見られますが。

「ミニ四駆」にハマる女性は、
車体の塗装も女性らしい、可愛いものにします。

中には、スマホのように、
ビーズなどで“デコる”人もいます。

勝負は二の次。
可愛い車体の走る姿に満足しているようです。

女性向けマーケットは、
本当に無限の可能性を秘めていますね。

posted by 佐藤きよあき at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする