2016年02月04日

商売の「昭和遺産」?

かなり古びたマンションの1階。

中に人影はなく、お客さまを見ることも少ない、
昭和なケーキ屋さん。

ショーケースには、
ケーキや焼き菓子がまばらに並んでいます。

日本中でよく見かけるのですが、
「よく潰れないなぁ〜」という雰囲気のお店。

私は仕事柄、非常に興味を持ってしまいます。

経験上、味も想像がつくのですが、
どうしても試したくなるのです。

「シュークリーム」と「エクレア」を買って、
食べてみました。

大変失礼なのですが、口に入れた瞬間、
笑ってしまったのです。

時代を50年は遡った感じの味わいです。

粉臭く、合成物が入っているような違和感。

誰が買うのかと、妙なところに興味がそそられます。

予想としては、近所の幼稚園や高齢者施設に
納品しているのではないでしょうか。

他の可能性としては、年金暮らしの老夫婦が、
生き甲斐として続けていることが考えられます。

再度買うことはないと思いますが、
潰れないで欲しいとも思います。

posted by 佐藤きよあき at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする