2015年12月16日

“北海道”は売れる!

いま百貨店は、食品売り場と物産展でもっている、
と言っても過言ではありません。

特に物産展の集客力は凄まじく、
毎月のように開催されています。

逆に言えば、それくらいやらなければ、
お客さまを呼び込めない、ということでもあります。

中でも、北海道物産展の威力は、
他の都府県を圧倒しています。

北海道以外の物産展は、お客さまを呼び込む力が弱く、
北海道物産展を飽きさせないための
“繋ぎ”だと言うこともできます。

それほど、世の中の人びとは、
北海道物産展に熱くなるのです。

そこで、食品業界の秘策です。

北海道物産展に、自社商品で出店するのです。

「うちは北海道じゃない」と言う人がほとんどでしょう。

そこは、発想の転換。
北海道に支社・支店を作れば良いのです。

そこで、北海道生産の商品を開発し、
物産展への出店を目指します。

北海道には、大きな“お土産需要”も見込めます。

何より、“北海道”というネームバリューが、
背中を押してくれます。

同じものを作っていても、“北海道”がつくだけで、
売れるようになるのです。

posted by 佐藤きよあき at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

楽しめる飲食店が人気!

古い映画の上映会。
若手落語家・漫才師の寄席。
アマチュアバンドのライブ。

こうしたイベントで、
集客に成功している飲食店があります。

定期的に行うことで、固定ファンがついているのです。

ただ食べるだけではなく、
楽しめる「空間」と「時間」を提供しています。

地域のコミュニティともなり、
周辺の人びとが集まって来ています。

posted by 佐藤きよあき at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

“体験”は、一番の販促策!

「宿泊できる布団屋さん」があります。

買うかどうかを迷っている布団で、
ひと晩寝てもらうサービスを行っています。

キッチン・バスつきの部屋が用意され、
そこに泊まって布団を試すことができるのです。

実際に寝て、布団の良さを知ると、
自分の家の布団では、もう眠れなくなると言います。

結果、その布団をご購入。

まさに、“体験”の効果です。

posted by 佐藤きよあき at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする