2015年09月06日

一流の心配りとは?

ある寿司屋さんでは、カウンターに座っているお客さまが
「箸で食べる人」か「手で食べる人」かで、
寿司の握り方を変えています。

「箸で食べる人」には、ややしっかりと握り、
「手で食べる人」には、ふんわりと握ります。

こうした心配りが、一流のお店になる秘訣ですね。

posted by 佐藤きよあき at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする