2015年08月16日

ぼったくり保険はどうか?

歓楽街の飲食店による
“ぼったくり”が問題になっています。

甘い言葉にフラフラと入っていくお客さまにも
責任はありますが、こういうことが続くと、
そのお店だけではなく、その地域にも影響が出ます。

「あの周辺には、恐いお店がある」と、
一見さんが足を踏み入れなくなります。

商店会・組合は、他人事だと思わず、
地域全体で考えなければいけません。

怪しいお店が入ってきていないかを
絶えずチェックする必要があります。

また、“ぼったくり”に対する保証のようなものを作り、
“安全・安心な歓楽街”をアピールする方法もあります。

不況で厳しいいま、新規客の獲得には、
“安全・安心”が不可欠なのです。

posted by 佐藤きよあき at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする