2016年09月26日

廃れたものには、理由がある!?

狩猟ビジネスが注目されつつあります。

害獣駆除をキッカケに始まった、
ジビエブームが背景にあります。

野生の鹿や猪は、現代人にとっては新しく珍しい食材。

全国各地のレストランで、オリジナル料理が提供され、
人気を集めています。

しかし、猟師の高齢化により、
供給が追いついていません。

そこに目をつけたのが、
田舎暮らしを夢見る、30〜40代の人びと。

田舎では仕事が少ないので、需要が見込める狩猟を
職業にしようとする人が現れたのです。

鹿・猪を食肉加工して、
都会に販売するビジネスを始めた人もいます。

害獣と呼ばれるほど増えてしまった鹿や猪を狩ることで、
田畑も守れ、若い人の仕事も増え、田舎の人口も増える。

良いこと尽くめ。一石三鳥とも言える、新しい流れです。

ただし、E型肝炎ウイルスや寄生虫もいる動物なので、
どこまで普及するのか。

そこが、大きな問題です。

posted by 佐藤きよあき at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

“桜色”は、ヒットカラー!?

静岡県河津町。

川沿いの桜並木が有名で、
海外からも見物客が押し寄せています。

桜まつりの期間中は屋台も出て、非常に賑わっています。

その中のひとつが海外の人にも好評で、
行列ができるほど。

『桜たい焼き』。

桜の香りがする、ピンクのたい焼きです。
まさに、桜鯛?

色つきのたい焼きは珍しく、しかもピンクで可愛い。

なぜ、これまでなかったのかが不思議なくらいです。

「桜」は日本人にはもちろん、
いまや外国人にとっても特別な存在。

「桜」をテーマにしたものが注目を集めるのは、
当然のことなのです。

このように、既存のものの“常識”を打ち破ってみれば、
大ヒットが生まれるかもしれません。

posted by 佐藤きよあき at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

良いことはマネをしろ!

ヨーロッパのお店は、非常にお洒落です。

入口・看板・陳列・パッケージ・包装紙……。

どれを見ても、そのセンスの良さに脱帽します。

高級なお店だけではなく、庶民的なお店でも、
すべてがお洒落なのです。

日本人は勝てません。

もっと学ぶべきです。
お店の視察に行くべきです。

良いところはマネすれば良いのです。

すべては、マネから始まります。

posted by 佐藤きよあき at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

名前が変われば、イメージ刷新!

牛丼チェーンの松屋が、
『ふわふわ卵の「プレミアム牛とじ丼」』
を発売しました。

特製のたれで煮た牛肉を玉子でとじたものです。

???……よく考えれば、これは「他人丼」です。
名前を変えただけです。

しかし、まったく新しい料理のように感じます。

新商品が「他人丼」では、インパクトもなく、
誰も興味を持ちませんが、新しい名前で売り出せば、
注目されるようになります。

もし、「なんだ、他人丼じゃないか!」と思っても、
「どこかが違うのだろうか?」と、
確認したくなるものです。

小さな戦術ですが、大きな効果をもたらします。

posted by 佐藤きよあき at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

“気のゆるみ”が、老舗をも破綻させる!

石川県の老舗高級旅館「加賀屋」で、
食中毒が発生しました。

刺身の洗い方が不十分だった可能性があり、
腸炎ビブリオが検出されました。

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で、
36年連続で総合1位を続けている旅館です。

はたして、これは“たまたま”だったのでしょうか。

私は、従業員の意識の低下ではないかと見ています。

長年人気を博してきた老舗の“気のゆるみ”です。

人気旅館だけに、次々と新しい従業員も増え、
創業時の精神が
受け継がれにくくなってきたのではないでしょうか。

今回の件で、
気を引き締めることができれば良いのですが、
時代に流される可能性も高いと言えるでしょう。

このダメージは、
今後大きくなっていくのではないでしょうか。

posted by 佐藤きよあき at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする