2016年12月09日

「お米」のまわりは、ビジネスチャンスに溢れている!

日本人によるお米の消費が減ってきています。

とは言うものの、お米に対する執着は強く、
おいしいお米やご飯を美味しく食べる方法に関しては、
かなり敏感に反応します。

お米の銘柄にこだわり、ご飯の友を探し求め、
ご飯を美味しく炊くための炊飯器が発売されると、
高額でも躊躇なく買ってしまいます。

やはり、日本人にとってお米は特別な存在。

すなわち、お米・ご飯に関することには、
お金を使うということ。

お米、炊飯器、水、ご飯の友、
食器、テーブルや椅子……。

ご飯を美味しく食べるために“欲しい”
と思ったものには、すぐに手を出してしまうのです。

そこに、ビジネスチャンス!

posted by 佐藤きよあき at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

人を呼ぶ魅力はさまざま。

道の駅に併設された
「農家レストラン」に行ってきました。

変わった食材も目新しい料理もありません。
品数も少ない方です。

しかし、そのどれもが美味しく、
“丁寧な仕事”が感じられます。

少しずつながら、次々と出来立てを運んできてくれます。

見ためは非常に地味ですが、
その美味しさに華やかさを感じます。

ここで私は確信しました。

何もなくても、人を呼ぶことはできる。

posted by 佐藤きよあき at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

言葉遣いは慎重に。

ネットやテレビでよく見かける言葉。

「美人すぎる○○」。

つられて見てみると、
期待を裏切られることの方が多いものです。

私のようなバカな男を釣るためのフレーズなのですが、
これを続けていると、誰も信用しなくなります。

いま、日本全体が“大袈裟な表現”で、
モノごとを伝えようとします。

「神」「超絶」「鬼」……。

非常に頭の悪い表現です。

ビジネスでは、決して使ってはならない表現です。

“盛り上げるため”という安易な発想は、
自分の首を絞めることになりますから、
絶対にしないでください。

posted by 佐藤きよあき at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

「健康」をファッション化する!

国民の医療費増大が問題になっています。

長寿社会や医療技術の向上などによって、
病院に通い続ける人が増えたことも
その要因として考えられます。

だとすれば、医療費の増大は、
ある意味仕方のないことです。

しかし、政府はその予算を
無理やり削減しようとしています。

「あまり病院に行くな!」「もっと受診料を払え!」

安易な方向に進んでいます。
考えることを放棄しています。

テレビや雑誌では、
健康になるための方法を啓蒙していますが、
もっと国として取り組むべき課題だと思います。

国民全員が健康に関心を持つような策が必要なのです。

私は、「健康」をファッション化すれば良い
のではないかと考えます。

健康であることがお洒落な人になれるのだと。

さまざまな健康法が流行するのではなく、
健康そのものが最先端の流行となるように。

posted by 佐藤きよあき at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

PRは、自分たちの手で!

最近流行りの「食フェス」。

B級グルメに始まり、ラーメン、肉、ハンバーガー……。

どれも魅力的なイベントなのですが、
その“裏”が見えるようになってきたので、
私はみなさんに忠告したいと思います。

料理一品の価格が、あまりにも高いとは思いませんか。

これは、出店しているお店が悪どくなったのではなく、
主催者が「組織」になってきているからです。

イベント会社が主催するので、
当然、儲けなければなりません。

会場費・運営費が掛かり、
その分を価格に上乗せするようになります。

少し前なら、
地方の名物やお店の宣伝のためにやっていたため、
運営などは有志によるボランティアだったのですが、
ビジネスとしてのイベントなので、
すべてが“お金”なのです。

一品が高額になると、いろんなものが食べられないので、
楽しくもありません。

ただ食事に行っているだけです。

また、最近は入場料まで取っている団体もあります。

こんな金儲けを許してはいけません。

主催者をよく調べてから行くべきです。

純粋にPRしたいと考えている団体だけを
応援して欲しいと思います。

posted by 佐藤きよあき at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする